『くノ一ツバキの胸の内』「あかね組」まとめ 子班~亥班まで全員集合!!

『くノ一ツバキの胸の内』「あかね組」子班~亥班まで全員集合!!

『くノ一椿の胸の内』最新刊情報

【最新レビュー感想もチェック!!】

↓↓最新話レビュー感想↓↓

【漫画速報】『くノ一ツバキの胸の内』最新話あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)
Shadow

あかね組全班まとめ!! 子から亥まで12班!!?

隠れ里にてくノ一を養成する”あかね組”。上級生(14,5歳くらい?)と下級生(~10歳くらい?)の2組に分けられ、それぞれハナ先生とコノハ先生が指導にあたっている。

座学など上級生、下級生の別で分けられる場合以外は、基本的に年齢関係なく全員まぜこぜになった”班”単位で行動し、実技や演習などだけでなく、寝食や当番なども”班”で共にする。

基本的には3人ひと組のスリーマンセルで、それぞれ干支にちなんだ班名を与えられている。(*現在 班名及び班員が明らかになっているのは10班)

班の決め方は、とある演習で一緒に山頂にたどり着いた3名が同じ班となることが古くからの伝統らしい(詳しくは単行本第3巻を参照ください)。

子供達の出自は不明で、どういう入学(?)体制なのかも明らかではないが、少なくとも現在の班が決まってからの数年のうちは転入生を除き、新入生も卒業生もいない。

本記事では、あかね組の小班について班員と簡単な特徴をご紹介します。

👇👇最新刊を試し読み!!

『くノ一ツバキの胸の内』最新刊

『ゲッサン』最新号

子班

あかね組 子班
  • 子班 班員
    • タチアオイ(班長)
    • ヒグルマ
    • ハギ

上級生1名、下級生2名のスリーマンセル。班長であるタチアオイは年少組の二人を非常に可愛く大切に思っているものの、優柔不断の性格も手伝って班長としての自分の力に自信が持てずにいる。一方で、楽観的なヒグルマと悲観的なハギは好対照で正反対の性格をしており、その二人の意見を汲み取り、擦り合わせられるタチアオイは実は二人からは頼りになる班長として認められている。

丑班

あかね組 丑班
  • 丑班 班員
    • シオン(班長)
    • スズラン
    • アジサイ

上級生2名、下級生1名のスリーマンセル。班員の構成から想像がつくとおり、二人のお姉さんたちがひたすらに妹分のアジサイを愛で、可愛がる甘やかし班。ぶっきらぼうだが強くて優しいシオンと絵に描いたような優しいお姉さんのスズランにひたすら甘やかされるアジサイは、一人前と認められたいお年頃。ただ、アジサイが二人の甘やかしから卒業できる日がくるのはまだまだ先のようで…。

寅班

あかね組 寅班
  • 寅班 班員
    • イタドリ
    • ウメ
    • フキ

下級生3人で構成されたちびっ子班。ザ・ちびっ子のイタドリとウメと、年長組顔負けの大人っぽさを醸し出すフキのアンバランスゆえのバランスの良さが秀逸。フキはおそらく年少組随一の実力者と思われる。イタドリとウメは大人っぽいフキに、多少なりと距離を感じていたが…。実はフキは◯◯が弱点で…(単行本第4巻参照)

卯班

あかね組 卯班
  • 卯班 班員
    • カゲツ(歌担当)
    • ホトトギス(横笛担当)
    • ムクゲ(太鼓担当)

寅班同様、下級生だけで構成されるスリーマンセル。あかね組随一の歌、楽器の名人集団で歌劇担当。あかね組の里では、彼女たちの歌舞台を定期的に開催しているらしい。カゲツが作詞作曲を担当しており、ホトトギスとムクゲはそれぞれ横笛と太鼓を担当する。

辰班

詳細不明。

巳班

あかね組 巳班
  • 巳班 班員
    • キキョウ
    • ウイキョウ

あかね組 唯一の2人組の班で、かつ唯一実際に血の繋がった実の姉妹(双子)。二人とも下級生だが、双子ゆえのチームワークと鈴の音を使った”眠鈴の術”を擁するかなりの実力派。同じ年少組のサザンカとアサガオ(足を縛っていたとはいえ…)を軽く否している。”とてつもない”仲良し姉妹。自分たちがどれだけ仲良しなのかという内容で仲違いするほどの仲良し。仲の悪いコンビ(特にあかね組の仲の悪い代名詞と言えるサザンカとアサガオ)を見て、自分たちの仲の良さを実感するのが好き。

午班

あかね組 午班
  • 午班 班員
    • ヒナギク
    • キブシ
    • オニユリ

ベニスモモを一方的にライバル視するヒナギクを中心とした唯一の上級生3人組のスリーマンセル。可愛さに絶対的な自信を持つヒナギクと、その可愛さを絶賛するキブシで基本的にはバランスが取れている。一見異色なオニユリは基本的にはヒナギクの方針に従ってはいるものの、一度自分で決めたことには頑なであり、ヒナギクの思惑によらず実際はかなり常識的な行動をとる。

未班

あかね組 未班
  • 未班 班員
    • ベニスモモ
    • ミズバショウ
    • トウワタ

唯一ツバキに比肩する(猪班を除く)実力者であるベニスモモ率いる小隊。ベニスモモを筆頭に、罠の名手ミズバショウ(上級生)、努力大好き熱血漢のトウワタ(下級生)となかなかの曲者揃い。班としての実力も戌班に匹敵するあかね組トップクラスの実力派。ベニスモモは幼い頃からツバキをライバル視しており事あるごとに勝負を挑むが、ツバキは勝ち負けにあまり執着がない模様(ベニスモモの実力を認めてはいる)。

申班

あかね組 申班
  • 申班 班員
    • モクレン
    • ツワブキ
    • ホウセンカ

医療班。年長組2名、年少組1名で構成され、3者ともに医療術を使用できる。おっとり班長のモクレンに、囲碁好き筋肉女子のツワブキ、小猿並みのホウセンカの3人組。医療班だけに薬草探しは申班の仕事らしい。ちなみにモクレンの医療忍術は瞬間的に傷を全快させるほどに強力だが、とてつもない痛みが伴う…らしい。

酉班

  • 詳細不明

戌班

あかね組 戌班
  • 戌班 班員
    • ツバキ
    • サザンカ
    • アサガオ
    • リンドウ

あかね組 随一の優等生、かつ実力者であるツバキ率いる班。元はスリーマンセルだったが、リンドウが転入してきたことで年長組2人に年少組2人の4人組になった。サザンカとアサガオ、年少組の2大問題児を抱えているが、班としての実力はなかなかの物。

亥班

あかね組 亥班
  • 亥班 班員
    • ドクダミ
    • アオギリ
    • シャクヤク

あかね組、最強の班。3人が3人とも非常に戦闘力が高く、ドクダミに関してはツバキと決闘すればどちらも無事では済まないと言われるほど。攻撃力は間違いなく全班中トップだが、全員がある致命的な欠点を抱えている。現在はそれを克服するために、里を離れ亥班のみ単独行動をとっていたのだが…

「あかね組」は個性派ぞろい!!

ということで、『くノ一ツバキの胸の内』に登場する小班について紹介しました。

干支に則って全12班。今の所、班名及び構成員が明らかになっているのは10班29人。その他、名前と所属班がはわからないものの作中に登場はしている人物が3名ほど。(↓このキャラとか結構活躍しているのに未だ名前明かされず…)

あかね組 全員で30人を越す なかなかの大所帯ですが、一人一人のキャラクターがそれぞれに違った魅力を兼ね備えているのが素晴らしいところ。

魅力たっぷりで個性的な くノ一見習いたちのキュートで賑やかな日常を覗いてみませんか??

👇👇最新刊を試し読み!!

『くノ一ツバキの胸の内』最新刊


【山本崇一朗 作品レビュー感想】


『くノ一ツバキの胸の内』レビュー一覧

第22話「仲良しのケンカ」感想
第22話「仲良しのケンカ」感想
第23話「一人前と甘やかし」感想
第23話「一人前と甘やかし」感想
第24話「カゲツの歌」感想
第24話「カゲツの歌」感想
第25話「もて術」感想
第25話「もて術」感想
第27話「ライバル」感想
第27話「ライバル」感想
第28話「大食い対決」感想
第28話「大食い対決」感想

アサガオの取り柄は…。いがみ合うほど仲良しな戌班年少組!!?

第31話「モクレン怒らせ勝負」感想
第31話「モクレン怒らせ勝負」感想

優しい人ほど怒ると怖い?モクレンの笑顔がサザンカとホウセンカを震え上がらせる!!?

第32話「温泉の掟」感想
第32話「温泉の掟」感想

ツバキが掟破り!!?温泉で男と…。ちょっと大人な温泉回!!

previous arrow
next arrow
 
第22話「仲良しのケンカ」感想
第23話「一人前と甘やかし」感想
第24話「カゲツの歌」感想
第25話「もて術」感想
第27話「ライバル」感想
第28話「大食い対決」感想
第31話「モクレン怒らせ勝負」感想
第32話「温泉の掟」感想
previous arrow
next arrow

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です