LINEで送る
Pocket

【黄昏のエトス】第1巻レビュー感想

\『黄昏のエトス』第1巻を読む!!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!

『黄昏のエトス』第1巻感想

『黄昏のエトス』第1巻の感想です。

~簡単あらすじ~

数学教師として高校で教鞭をとる祐生真は、新人社会人として悪戦苦闘中。生徒たちには慕われているものの、持ち前のちょっとヌけた天然な性格と思春期の男子顔負けのエロ脳で一人前の社会人への道のりはまだ長く…。エロへの無知ゆえか、好奇心の赴くままに無自覚のフェティシズムにまみれたエロ活を一人 謳歌する!!『落日のパトス』から遡ること数年、若き日の仲井間真を描くスピンオフ開幕!!

それでは『黄昏のエトス』第1巻の感想です。

〜第1巻収録話雑誌掲載時レビュー〜

*『黄昏のエトス』第1巻は2020年6月19日に発売です!

👉\こちらから読めます!!/👈

⇨『黄昏のエトス』 レビュー一覧はこちら。

【最新話レビュー感想もチェック!!】

↓↓最新話レビュー感想↓↓

『黄昏のエトス』【特別編】レビュー感想

あの日、ゲスかったのは僕もだった。
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

『黄昏のエトス』第1巻の見どころ

第1巻には8話分のエピソードが収録されています。若かりし真先生のピュアな魅力がこれでもか、とばかりに詰め込まれておりどれも珠玉のエピソードですが…

そんな第1巻の見どころを3つご紹介!!

  1. 大人なのに…。過激すぎる真先生の大失態!!
  2. 真先生は実は合コン経験者だった!!?
  3. 『落日のパトス』の”あの事件”の真相が!!?

他にもいっぱいあるんですけどね。一応キーワードだけ並べておきましょうかね。(*キーワードは当ブログが勝手に書いているだけです。)

“校内情事に当てられて職員用トイレで…”、”フェティズムまみれの半裸写生会”、”真先生のミニスカデビュー”、”夜のプールで全裸遊泳”などなど…。

キーワードがやや雑な感じになりましたが、是非ともこれらのエピソードもご確認ください。

大人なのに!!? 堰を切ったように…。

一つ目の見どころは、連載版の第1話のエピソードです。(連載化前の読み切り版を含めた単行本収録時は第2話になります)

サブタイトルの”堰を切ったように…”というのがこのエピソードのメインなのですが、そもそも冒頭から真が出勤前に浴室で度重なる絶頂を迎えている場面が描かれます。

連載版としては初っ端のエピソードですからね。とんでもない衝撃的な始まりでした。

そうです。噂の”悪魔のシャワーヘッド”事件です。『落日のパトス』の第65話「”堕ちる”ってこういうことなの?」にも回想として登場したあの”悪魔のシャワーヘッド”です。

そんなことをただでさえ慌ただしい朝の出勤前に行うものですから、当然時間に余裕があるわけもなく、焦った真は”あるもの”を忘れてしまいます。というか”履き”忘れてしまいます。

それが何かはお楽しみ…ということにしておきますが、そんな状態でなんとか一日乗り切った(むしろ緊張感で絶好調?)真でしたが、事件は最後の最後の見回り仕事の際に起こってしまいます。

ある空き教室で睦言を交わしていた学生たちの動向に釘付けになってしまい、そうしているうちに…。

“オトナなのに 教師……なのに………”

さて、真先生の一体何が堰を切ったようにあふれ出したのでしょう。本編『落日のパトス』をも上回るかと思われるほど過激かつ凝縮されたエロスは必見ですよ!!

実は合コン経験者でお持ち帰り済み!!?

さて、2つ目の見どころ。

真先生といえば、男性経験は旦那さんのみ、さらに学生時代から浮いた話もない筋金入りの男っ気無しな残念美人。その抜群のプロポーションも『落日のパトス』第5巻にて大学時代からの友人に”持ち腐れ”などと言われていたほどです。

しかし、『黄昏のエトス』第1巻では。そんな真先生が実は合コンを経験、さらにお持ち帰りまでされていたという事実が判明します!!

ちなみに、この合コンには真も超前向きで、家で一人”ゴム”を使った”ある技術”を習得すべく特訓していたほどです。

そして、酒に飲まれた(この頃はお酒弱かったんですね)真は、なんと自分から言いだしてお持ち帰りされてしまっていたのです!!

ベットの上で目を覚ました真はすでにシャツを脱いでおり、男性側も準備万端!!果たして真の貞操はいかに!?

“オッパイで はさむって… なにを…?”

ちなみに、真を合コンに誘ったのは『落日のパトス』に登場した友人です。彼女たちもまた、なかなか良いキャラを見せています。

“あの事件”の真相に迫る!!?

そして第1巻の山場といえば これ以外にないでしょう!!

『落日のパトス』で語られた保健室の”あの出来事”。あの日、あの場所で何があったのか…。

真は花壇の水やりをやっているうちに、熱中症になってしまいます。生徒たちからは心配されつつも、”あの人天然なところあるよね”とか言われているあたり真らしい慕われかたですね。

ただね。その直前に”エロ本”を買いたくても買えなかったエピソードが描かれているので、読者からするとその件で悶々として睡眠不足にでもなったんじゃないか…とか邪推してしまいますけどねぇ(笑)

『黄昏のエトス』第7話 より引用

保険医の先生に言われるままに保健室のベッドに横になり、ブラを外す真。さらに朦朧とした意識の中、自身の体を弄り始め…。

そして”あの事件”のもう一人の関係者である『落日のパトス』の”あの人物”は登場するのか!!?

ちなみに、この保健室の一件に関するエピソードをもって『黄昏のエトス』は一旦幕を閉じます。第2シーズンは2020年冬頃から始まるそうです。

ちなみにこの保健室の一件のエピローグを”あの人物”の視点で描いた”特別編”が『ヤングチャンピオン烈』2020年No.7に掲載されています。*特別編は第1巻には収録されていません。

👉\こちらから読めます!!/👈

兎にも角にもまずは一読!!

『黄昏のエトス』第1巻の見どころを3点ご紹介しました。ここで紹介した以外のエピソードも真の魅力満載でエロとフェティシズムにあふれた秀逸な作品です。

せっかくなので、本記事では紹介していないエピソードのキーワードをもう一度並べておきましょう。

“校内情事に当てられて職員用トイレで…”、”フェティズムまみれの半裸写生会“、”真先生のミニスカデビュー“、”夜のプールで全裸遊泳“などなど…。

なかなか気になりますよね? 是非ともこれらのエピソードもご確認ください。

👉\こちらから読めます!!/👈

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>最新話レビュー<<

>>単行本最新刊レビュー<<

*前後話レビュー及び、同紙他作品レビューのリンクは記事下にあります。

『黄昏のエトス』を読むならebookjapan!

『黄昏のエトス』の連載が始まりました。まだ単行本発売は先ですが、本編の『落日のパトス』は第8巻まで好評発売中です。

艶々先生の作品は面白いし、エロいし、なんというか独特の崩れ感(いい意味で!!)があって、個人的にすごく好きな作品です。

ただ内容がちょっと過激なので書店で購入するのにはちょっと抵抗が…。そんな時には電子書籍を使えばいいのですよ。

忙しくてなかなか書店に行く時間がない週日でも電子書籍なら書店に出向く事なくその場で購入できますし、ebookjapanならスマホアプリもあるのでどこでも読めてかなり便利です。

ebookJapanでは『落日のパトス』の最新刊も含め、無料で試し読みができるところもオススメな点です。何より電子書籍は画質が綺麗見開きも一枚絵で堪能できます!!

さらにebookjapanでは週末クーポンなどの対象商品に使えるクーポンに加え、購入特典でポイントがついたり、一冊まるまる無料で読めるサービスなどもあり、充実した漫画ライフを送っています。

登録なども必要なく無料で試せますので、是非一度お試しくださいな。

『黄昏のエトス』最新刊を読む!!

【前後巻レビュー感想】

『黄昏のエトス』レビュー記事

『黄昏のエトス』#1 レビュー感想
『黄昏のエトス』#2 レビュー感想

【背徳の恍惚!?】ミニスカートの緊張感に濡れる!!?

【教師失格】全裸で夜中の無人プールで戯れる!!?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider