『つぐもも』第114話 -まさかの異世界編突入!!?「くらこごり」ですそはらい修行!!- 「異世界へようこそ」

【つぐもも】第114話「異世界へようこそ」レビュー感想

『つぐもも』最新刊を読む!!

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]【本日電子書籍15%off!!】[/tgb]

\『つぐもも』第24巻を読むならこちら!!/

[tgb config=”week:mon|tue|wed|thu”]ebookjapanなら無料で試し読みできます[/tgb]

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!![/tgb]


>>特別編レビュー感想<<

>> 最新単行本レビュー感想<<


↓↓ 最新話レビュー感想↓↓

Shadow

*前後話のレビュー感想は記事下にリンクがあります。

『つぐもも』第114話「異世界へようこそ」

桐葉を始め5人の付喪神と実験的に複数契約を結んだかずや。今回、なぜかかずやと桐葉が唐突に異世界いいるところから話が始まります!!

『つぐもも』第114話「異世界へようこそ」の内容は…

  • いきなりファンタジー世界からの始まり!!?
  • かずやと桐葉、いきなり盗賊に襲われる!!
  • 超荒業すそはらい修行「くらごこり」開始。
  • かずやと桐葉、小説のあまそぎ「ジラル戦記」の中へ。
  • まさかの投獄!異世界生活は牢屋から!!?
  • かずやと桐葉、半獣人ティルトと出会う。

いきなりの異世界展開だったので、正直びっくりしました(笑)

今回から新連載が始まったのかと…(笑笑)

では、ここからはちょっとネタバレ・画バレありで内容を紹介しちゃうぞ!!

ネタバレが嫌な人と、コアな性壁に目覚めていない健全な良い子は見ちゃダメだぞ。

異世界編突入!!

突然の異世界編突入です(笑)

土地とかが空浮いてるし、月(?)が二つある、がっつり魔法のファンタジー世界です!!

「古き町ヨーネ」を目指し、森の中を進むかずきと桐葉。

複数契約してもやはりメインのパートナーは桐葉さんなのですね。

果たして二人は、異世界で一体何をしているのか??

かずやと桐葉の異世界冒険譚

そして、響華、糸信、みまね、他一名(名前不明)の付喪神4人娘はどこに行ったんだろうか?

写し身にして身につけているのかな??

さて、ヨーネの町にたどり着いたかずやたちが第一村人は…

なんともガラの悪いおじさん3人組。

ガラの悪い第一村人

かずやたちは、この異世界にはある女の子を探しに来ているようです。

こんな分かりやすく穏やかじゃない雰囲気のおじさんたちにも写真見せて知ってるかどうか聞くあたりさすがかずやです(笑)

このおじさんたちはギマリ盗賊団という盗賊団らしく、この後もっと人数が増えるのですが、かずやたちは余裕であしらいます。

異世界でも、かずやと桐葉さんは無双状態ですね。

ただ、どうも異世界ではうまく体を動かせないようです。この辺りは後々重要になってきそうです。

「くらこごり」で”すそはらい”修行!!

なぜ、かずやと桐葉が異世界にいたかというと…

これは「くらこごり(蔵凍)」という緊急度が低いために棚上げされた高難易度の怪異討伐案件です。

かずやの母奏歌がよく行っていたものです。

この「蔵凍」がかずやのすそはらいの修行として採用されたのです。

もはや当たり前のように、お風呂でされる重要な説明。

高難易度怪異討伐案件「くらこごり」

桐葉はまだしも、織小花さんまで当たり前のようにいるとは、うらやま…。。

斑井事変の反省からつづら殿を離れられない央妃さんの代わりに央菜が二人を「くらこごり」案件に案内します。

実際、九殿武闘会で時間を取ってしまいましたが、かずやたちに残された時間はたった3年ですからね。

今の時点でも、かずやは相当な実力だと思われますが…。奏歌のレベルは段違いです。

とはいえ、少なくとも、今のかずやとまともに渡り合えるすそはらいがいるとは思えません。だからこその「くらこごり」なのでしょうが、かずやはどうやって成長するのでしょうね。

小説のあまそぎ「ジラル戦記」!!

では、今回の「くらこごり」がどのような内容なのかと言いますと…

3年間放置された案件で、真見坂まみという少女が生み出したあまそぎによるものです。

真見坂まみが愛読していた「魔法大陸ジラル戦記」というファンタジー冒険小説が「何らかの願い」によってあまそぎ化し、そこに取り込まれてしまったのだそうです。

くらこごり1517番

ちなみに真見坂まみは自発的に食事や排泄はするものの意識がない夢遊病状態になっています。

あまそぎを消滅させるための方法は、いつもの通り2通り。

  1. あまそぎを破壊する。
  2. 持ち主の願いを叶える。

1のあまそぎ破壊を行うと呪詛がえしが怒り、さらに今回のように持ち主であるまみが取り込まれている状態であれば…

あまそぎの破壊は真見坂あみ自身の魂の破壊と同義となります。

小説のあまそぎ「ジラル戦記」

そういうわけで、今回の怪異討伐の成功要件は持ち主の願いを叶えることになります。

そのためにはまず真見坂まみの願いがなんなのかを知らなくてはなりません。

かずやと桐葉は、書物の付喪神”翁霊書”の能力で『ジラル戦記』の世界に入り込むことになります。

すそはらい”菖蒲院あやめ”と書物の付喪神”翁霊書”

そういうわけで、かずやと桐葉は異世界にいたわけです。

かずやが探していた女の子というのも真見坂まみのことだったんですね。

真見坂まみの願いはどんな願いなのでしょうね?

顔写真からすると、お世辞にも明るいタイプには見えませんから現実逃避とかでしょうか?

だとすると、異世界で現実通りの姿でいるとは考えにくいですね。自分の願いであまそぎ化してできた異世界ですから、理想の姿とか現実と正反対の姿になってそうな気が…。

そうなると見つけるのも至難そうですね。

異世界冒険は牢屋から!??

盗賊を壊滅させ、ヨーネの町の外門にたどり着いたかずやと桐葉でしたが、通行書を持っていなかったことから投獄されてしまいます。

通行書がなくて町に入れないならわかるけど、なんで投獄されてんの?(笑)

かずやと桐葉の異世界冒険譚は牢屋から始まります!!

かずやと桐葉、投獄される

ちなみに、牢屋の中でかずやたちは、ティルトと名乗る半獣族の少女と出逢います。

牢屋から出られればこの世界のことを教えてくれるというティルト。この世界での協力者になるのかな??

半獣族ティルト

ん?なんとなく真見坂まみと似てない?

髪型とかねが寝かけてるところとか…。

表情の印象は正反対ですがね。何か関係がありそうですね。

とりあえず、かずやと桐葉には脱獄のための算段があるようですので、次号は牢屋脱獄編かな。

それにしてもすごかったですね。突然の異世界編で世界観もガラッと変わったというのに…。

下手な異世界モノ漫画よりよっぽど本格ファンタジーじゃないですか!!

異世界編も今後が楽しみですね。

第114話は単行本23巻収録です。

『つぐもも』を読むなら電子書籍のebookjapanがオススメ!

電子書籍で手軽に『つぐもも』が読めます!!

電子書籍の一番の特徴はその綺麗さです。『つぐもも』がデジタル作画で描かれているのは有名です(youtubeでも作業風景が公開されています。)。電子書籍なら『つぐもも』の美麗画像が最大限に堪能できます!!

さらに、紙媒体のようにページ間のずれや隙間がないので、迫力のある見開きシーンなども一枚絵としてそのまま目に飛び込んでくるのが嬉しいですね。せっかくの一枚絵はそのまま堪能するに限ります!!

また、内容がちょっと過激なので書店で購入するのに抵抗がある方も、忙しくてなかなか書店に行く時間がない方も、電子書籍ならその場で購入しいつでもどこでも読むことができます。

さらにebookJapanでは『つぐもも』最新刊も含め、全巻無料で冒頭が数十ページ試し読みができるところもオススメな点です。

『つぐもも』第23巻を読むならこちら!

『つぐもも』の他にも数多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画が無料試し読み、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

登録なしで試し読みできますので是非読んでみてください。

他にも週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『つぐもも』最新刊を読む!

>>最新話レビュー感想<<

>> 最新単行本レビュー感想<<

>> 特別編レビュー感想<<


『つぐもも』レビュー記事


Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です