『つぐもも』【第130話】新キャラ参戦!!誰だこの幼女は!!?|「まあちゃんとたぐり」レビュー感想

【つぐもも】第130話「まあちゃんとたぐり」レビュー感想

『つぐもも』最新刊を読む!!

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]【本日電子書籍15%off!!】[/tgb]

\『つぐもも』最新刊を読むならこちら!!/

[tgb config=”week:mon|tue|wed|thu”]ebookjapanなら無料で試し読みできます[/tgb]

[tgb config=”week:sat|sun”]ebookjapanなら週末はクーポンで15%off!![/tgb]

『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」感想

『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」感想です。

〜簡単あらすじ〜

初めての蔵凍を終えたかずやたち。小説の世界でえた能力をつづら殿に還元した後、かずやもつぐももたちも各々に次の任務までの束の間の休息を楽しんでいた。同じ頃、場面は一転して上岡 金羅神社。金山たぐりが祀られる神社では莫大な借金のカタに”ある人物”がたぐりにこき使われていた。

今回はとんでもない衝撃の展開ですよ!!と言うのも、とんでもない新キャラが登場します!!新たなロリ要員爆誕。そして、元祖ロリ要員の くくりに関することも…。

それでは『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」の感想です!!(*少々ネタバレも含みます)

*『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」は月刊アクション2020年8月号に掲載です。

[tgb config=”week:sat|sun”]【本日電子書籍15%off!!】[/tgb]

👉\こちらから読めます!!/👈


『つぐもも』 レビュー一覧はこちら。


【最新話レビューもチェック!!】

↓↓ 最新話レビュー感想↓↓

Shadow

*リンクは記事終わりにもあります。

みまねは大忙し!!

一騒動はあったものの、とりあえず無事に現世へと戻ってきたかずやたち。労いの温泉力も終え、次の任務に備えて つぐももたちもそれぞれの時間を過ごしています。

そんな中、任務時以上にハードな生活を強いられているのが みまね。前号で あるみがみまねの”影法師”を利用して”オナ◯ー以上本番以下”の行為を繰り返していることが判明したわけですが、これがなかなかの頻度だそうで…。

なんと、1日に2回ですと!!なかなかのむっつり、もとい かなりの性豪ですよね。と言うか、本人にバレたんだから、もう本人としちゃえばいいのにねェ(笑)

『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」より

さらにみまねに頼み事をするのはあるだけではありません。響華もまた1日2回”影法師”でかずやに変化することを要求するらしい。

もちろん二人とも目的は”えっちするため”。みまねははっきり言いますね。霊交接までも”えっち”と言い切ってしまっているあたりはさすが。

ちなみに あるみと響華はそれぞれ、フェ◯チオとパイ◯リの修練に勤しんでいるらしい。

みまねの言うことに恥ずかしさに小さくなりながらも賛成する糸信さん、かわいいですね。かずやと霊交接しようと、みまねに無理やり引っ張っていかれても、恥じらいつつもちゃっかりその気になっているあたりも糸信らしい。温泉エピソードで、自分の気持ちを再確認したばかりと言うこともあるのでしょうか。

祠から水羊羹に手を伸ばすのは…。

一方、その頃。桐葉とかずやは、くくりのために建てられた(?)小さなほこらへとお供えの水羊羹を持ってお参りに行きます。

憎まれ口を叩いて、お供え用の水羊羹を食い散らかしても、寂しさを感じさせる背中は隠せませんね。まあ、桐葉とくくりの絆はまるで(喧嘩するほど)仲の良い姉妹のようなものでしたから、その喪失感の大きさは察するにあまりあります。

ついこの間まで桐葉自身も死の淵にいたのだけどね。

逆に言えば、桐葉が復活できたということは、くくりだって復活する可能性はあるはず!!そして、なんと桐葉たちが去った後、祠に光が…。

『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」より

なんかでてきた(笑)

“ロリくくり”でも”菊理媛大神”でもないちょうど中間くらいの外見ですね。まだ”くくり”としての人格や記憶を取り戻すにはいたらないものの、姿形は象れるほどには力を取り戻した、というところでしょうか。そして、本能のままに水羊羹に手を伸ばした…と。

神様なのにお供え物を”ガッ”と音のするほど勢いよくとるなんて、なんて いやしんぼう!!…って、この世界の土地神たちはみんな人間以上に人間味があるんでしたね。

付喪神にとっての”所有者との絆”が、神にとっては”人々からの信仰”、ということなのかな?前に神力云々の説明でそんなことを言っていたような言っていなかったような…。とりあえず、たぶん桐葉やかずやがお参りにきたことで、神としての力が少しだけ戻ったということでいいんよね。

とにかく、これで くくり復活はほぼ確実になりましたね。そもそも菊理媛大神は”ケガレを払う”神格らしいので、こんなところで退場されても困りますね。なんにせよ、よかったよかった。

借金1億5千万!!?この幼女は誰だ!!

さて、その頃の金羅神社。銭ゲバ土地神 金山たぐりが祀られている神社ですね。金山たぐりと言えば作中屈指のロリ好き神様で、くくりや桐葉も散々弄ばれた危険人物(*ロリ限定)です。

そんな危険人物(*ロリ限定)の住居になんと格好の獲物とでもいうべき、新登場のロリ美幼女が…!!?

くくりの復活も匂わされる中、ここにきてまた新たなロリだと?? 浜田よしかづ先生は、ロリ群雄割拠でも描くつもりなのか!!?

ちなみに、この新登場の幼女の名前は”まあちゃん”。なんと、たぐりに1億4千950万円もの借金をしているのだとか!! この歳でそんな大金、一体なにをやらかしたのか…(気になる方は月刊アクション8月号をチェック!!)。

『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」より

彼女の正体はさておき、当然ながら危険人物(*ロリ限定)のたぐり に捕らわれて家事や雑事だけで済むわけもなく、毎日一緒に入浴(意味深)することも彼女の仕事の一環です(笑)

ちなみに、実は”まあちゃん”は既に登場したことのあるある重要人物なのですが、彼女は”未来視”によってとんでもない厄災の起きる未来を予見してしまっています。

ただ、”未来視”はあくまで数ある可能性の一つ。その可能性を”引き寄せ”ない為にも、口に出して”言霊”にするわけには行かず、彼女はつづら殿頭首の織小花央姫にさえ相談することができずに一人最悪の未来を回避するために動きます。(今は借金地獄でそれどころではないけれど…)

そんな、憤りを解消する手段が…

『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」より

ということで、今回はたぐり様がエロ担当として、その豊満な美肉を惜しげも無くさらけ出してくださいます。ありがたや、ありがたや。

ちなみに、実は作中トップクラスの肉感的な肢体の持ち主であるたぐりの体は”まあちゃん”曰く、央姫にも勝るとも劣らない”しっとりとかぐわしく指に吸い〜(中略)〜 ぷりぷりと張りがありそれでいて水あめのように〜(以下略)”と、大絶賛です。

そういえば、作中で たぐりが”される”側に回るのって初めてでは??もちろんお約束の”くぱぁ”もありますよ!!

というわけで第130話「まあちゃんとたぐり」のレビュー感想でした。お見逃しなく!!

『つぐもも』第130話「まあちゃんとたぐり」は月刊アクション2020年8月号で読めます!!

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]【本日電子書籍15%off!!】[/tgb]

👉\こちらから読めます!!/👈

単行本第25巻は5月12日に発売しました!!好評発売中です!!

【最新話レビューもチェック!!】

>> 最新話レビュー感想<<

>> 最新単行本レビュー感想<<

>> 特別編レビュー感想<<

*前後話レビュー記事へのリンクは記事最下部にあります↓↓

『つぐもも』を読むならebookjapanで電子書籍がオススメ!!

電子書籍で『つぐもも』を読んで一番実感したのが画像の綺麗さです。さらに、紙媒体のようにページ間のずれや隙間がないので、迫力のある見開きシーンなども一枚絵のまま読めます。

つまり電子書籍なら『つぐもも』の美麗画像が最大限に堪能できるのです!!

そして電子書籍ならその場で購入できるので、忙しくて書店に行く時間がなくても、また内容の過激さゆえに書店で購入するのに抵抗を感じていても大丈夫!!

しかも、ebookJapanならスマホアプリもあるのでいつでもどこでも読むことができて便利です。

『つぐもも』最新刊も含め、数多くの漫画が無料試し読み可能で、中には丸々1巻無料で読めるものもあります(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べて作品数も多い)。

クーポンやサービスも多く、上手に使えば充実の漫画ライフがおくれますので是非試してみてください。

『つぐもも』最新刊を読む!!
『つぐもも』最新刊を読む!!

【前後話レビュー感想】

【おすすめ作品レビュー感想】

『つぐもも』レビュー記事

>>レビュー作品一覧<<

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です