『つぐもも』第135話「しらねの腕試し」バトルの後は乳神様再臨!!?女性キャラ7人と混浴で…。

『つぐもも』最新刊情報

『つぐもも』第135話「しらねの腕試し」あらすじ&レビュー感想

第135話「しらねの腕試し」あらすじ

『つぐもも』第135話「しらねの腕試し」のあらすじです。

まずは第135話「しらねの腕試し」のあらすじをなるべく核心部分は伏せるようにしてざっくり説明しましょう。感想と今号のエロハイライトについては後ほど…。

*第135話「しらねの腕試し」は『月刊アクション』2021年2月号(2020年12月25日発売)に収録されたエピソードです。最新話情報は記事中ごろのリンクより。

【簡単あらすじ解説】

第135話「しらねの腕試し」より

菊理媛命から上岡くくりの「黄泉還り」のため、直接黄泉の国へと赴く役目を任じられたにかずやと桐葉でしたが、かずやたちの力を疑問視する神使・白刃翅しらね が立ちはだかります。菊理媛命の介入により激化したしらねによる腕試しは止められたものの、しらねのかずやたちを信用しない姿勢は変わらず…。そんなしらねに菊理媛命はかずやたちの黄泉行きへの同行を命じるのでした。腕試しののち菊理媛命の言いつけで、親睦を深めるべく裸の付き合いをするかずやたちとしらね。主人の言いつけに背くことのできない しらねに対し桐葉はここぞとばかりに”指を入れたり”、”千年殺し”をお見舞いしたり、とやりたい放題。 一方、糸信はじめとする迷い家出身の4人のつぐももを大浴場にやってきて…。”あの件”以来の黒曜と迷い家付喪神の再会。一触即発、果たしてどうなるのか…。

思っていたより”腕試し”パートはすぐに終わりましたね。1エピソード丸ごとバトルという流れもあるかな、と思って読んでいたのですが、腕試しは早々に終わって、後はほとんどエロパートやないかっ!!(もちろんバトルパートの見応えも相変わらずの凄さです!)

しかも、今回のエロパートは女性キャラ7名出演の超豪華仕様。ちなみに、しらねの性別については予想どおりでしたね。

では、ここからは少しばかりネタバレも込みで第135話「しらねの腕試し」の感想を書いていきます!!

感想を読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクからどうぞ!

*『つぐもも』第135話「しらねの腕試し」は月刊アクション2021年2月号に掲載です。

👉\こちらから読めます!!/👈

【『つぐもも』最新話レビュー感想!!】

↓雑誌発売日の朝9時までに更新!!↓

Shadow

↑最新話のあらすじをいち早く!!↑

第135話「しらねの腕試し」レビュー感想

白刃翅しらねの腕試し

とりあえず、しらねが女の子(ボクっ娘)だったことや、かずやたちに同行することになるという展開は予想どおりでした。個人的にはしらねは結構好きなタイプっぽいキャラなので、今後の”黄泉”編の展開がますます楽しみになってきました。詳しくは後述しますが、すでにエロ要員としても大活躍してますし(笑)

それにしても、さすがは最も格の高い”菊理媛命”の神使なだけあり、かなりの実力者でしたね。短剣の使い手のようですが、しらねの原型はなんなのだろうか。黒曜がカラスということを考えると、しらねは白鳥かな。白鳥は古事記ではヤマトタケルの化身とされる重要な鳥ですからね。

まあ、何であれ、直接的な殺傷能力を持たない(もともとは銭湯向きではない)つぐももたちを従えているかずやにとってはかなり力強い味方になりそうです。

白刃翅しらねの腕試し

それに今回の腕試しでかずやの弱点も明らかになりましたし(菊理媛命目線では)、この弱点を今後どう克服、あるいは抱えたままで戦っていくのかも注目ですね。多分、これをどうにかしないと”すそはらい”としてどれだけ強くなろうが、あざみにも奏歌にもトドメは刺せないだろうと思われます。

一方、しらねはしらねでかなり頭の固い部分があるようですし、仲間になるとは言っても一筋縄ではいかなさそうですね(まあ、お風呂編でいろんなところがほぐれたようですが…)。菊理媛命が黄泉への同行を命じたのも、その辺りをどうにかして一皮向けてほしいという思いもあってのことなのかね。

一触即発!!? 黒曜と迷い家の付喪神たち!!

そして、今回のエピソードではもう一つ山場があったんですよね。それが黒曜と迷い家出身の付喪神たちとの対面です。

すっかり忘れていましたが、そもそも上岡くくりが奏歌に殺されるきっかけとなったのは、迷い家の上岡侵攻だったのでした。つまり黒曜からすれば主人の仇も同然の相手となります。それに黒曜は特に響華からは直接不意打ちで手傷を負わされていますし。

黒曜と迷い家の付喪神たちの対峙

一触即発かと思われた瞬間、糸信が筋を通しましたね。やっぱ糸信はいいキャラですね。それに対する黒曜の対応もよかったです。

響華は相変わらずで、好かん対応を撮ってましたが、まああの娘はああいう性格だから仕方ないでしょう。最後に特大の罰(糸信に”おっ広げ”られた上での黒曜からの重たいひとつき)を食らっていましたし(笑)

第135話「しらねの腕試し」のエロハイライトは!!?

さて、今回はいつもにも増してエロ分が充実していました。『月刊アクション』の発売日がクリスマスということで、クリスマスプレゼントがわりの大サービスだったのでしょうかね(笑)

大方の予想通り女の子だった しらねのあられもない姿ももちろん存分に描かれています。初っぱなからまさかの大股びらきで、惜しげも無く全部を晒して…からの桐葉による”千年殺し”を二度も食らわされ、最終的には”チョロチョロ”まで…。

しらね ご開帳!!

エロ要員としても今後の活躍の期待される しらねさんでした(笑)

そして、久々の黒曜さんの登場で、この瞬間をだれもが期待していたでしょう。相変わらず圧巻のお乳を惜しげも無く使う乳神様っぷりは健在です。それにしてもなんだか、とんでもなくテクニックが上がってるみたいなんだけど(笑)

かずやの授乳赤ちゃんプレイもだいぶ板について(?)きましたね(笑笑)

圧巻の乳神様

そして、当然今回のエロパートはこれだけではありません。もちろん桐葉(今回はもっぱらしらねに対する攻め役ですが)も、糸信、響華、みまね、そそぐの迷い家つぐもも4人娘も惜しげも無く肌色要素を提供しています。

かずやのハーレムは順調に成長していっております(笑)とりあえず、今回もエロたっぷり必見です!!

というわけで第135話「しらねの腕試し」のあらすじ&レビュー感想でした。

『つぐもも』第135話「しらねの腕試し」は月刊アクション2021年2月号にて読むことができます。

👉\こちらから読めます!!/👈

『月刊アクション』2021年2月号

『つぐもも』最新刊

【前後話レビュー感想】

【最新話レビューもチェック!!】

>> 最新話レビュー感想<<

>> 特別編レビュー感想<<

【おすすめ作品レビュー感想】

『つぐもも』レビュー記事

>>レビュー作品一覧<<

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。