『あやかしトライアングル』”すずとオモカゲの邂逅!!すずの意識が消える!!?”第57話「交わる前世と現世」あらすじ&レビュー感想

『あやかしトライアングル』最新刊情報

『あやかしトライアングル』第57話「交わる前世と現世」あらすじ&レビュー感想

【最新話情報&レビュー記事一覧】

『あやかしトライアングル』著:矢吹健太朗レビュー感想記事一覧
Shadow

↑最新話あらすじ紹介!!↑

『あやかしトライアングル』第57話「交わる前世と現世」あらすじ紹介

まずはこれまでのあらすじを踏まえて『あやかしトライアングル』第57話「交わる前世と現世」 のあらすじを紹介します。

*『あやかしトライアングル』第57話「交わる前世と現世」は2021年8月30日発売の『週間少年ジャンプ』39号に掲載されたエピソードです。

第57話「交わる前世と現世」の内容】

比良坂命依が封じた妖の最後の一体である”オモカゲ”と遭遇した祭里と宗牙。オモカゲの持つ絶大な力の前に圧倒されるも、突如現れた日喰の助力によって辛くも退散するのだった。一方、オモカゲは自分の存在が祓忍に知られたことで、行動を開始、現妖巫女でさあるすずに接触を試みる。現妖巫女と先代妖巫女のオモカゲの遭遇は一体何を引き起こすのか!!?

今回のエピソードでは、現妖巫女であるすずと先代妖巫女 比良坂命依のオモカゲが接触します!二人の”妖巫女”が交わった時、果たして何が起こるのでしょうか。そして、間に合わなかった(?)祭里はどうするのか。

それでは第57話「交わる前世と現世」の感想です!!

『あやかしトライアングル』第57話「交わる前世と現世」レビュー感想

二人の人妖!!日喰とオモカゲ。

やはり前回 祭里たちを助けに現れた少年の正体は 以前 祭里たちが倒した”人妖” 日喰想介でしたね。前回のエピソードでは命依のオモカゲが使役する黒折紙から出現したにも関わらず彼女を妨害するように動いたので、その関係性がなかなか理解できずにいたのですが…。

どうやら 消滅しかけた日喰をオモカゲが助けて、同盟(?)みたいなものを組んでいるようですね。なので、日喰はオモカゲの力で存在は保っている(力を取り戻している)ものの、彼女に完全に従っているというわけでもない…という状況。オモカゲに使役されているような描写でしたが、必ずしも眷属になったわけではないんですかね。そもそも消えゆく際に、自分に対して憐憫の情を抱いたすずに対し、日喰は複雑な想いを抱いているようですから、現時点では 彼女に危害が及ぶようなことは好まない感じ…

かと、思ったのですが、前回は祭里たちを助けているにも関わらず、オモカゲがすずと接触することは容認するんですよね。それとも止められなかっただけなのかな?祭里に対する発言からすると、そんな気もしないでもないですが…。

現妖巫女と先代妖巫女のオモカゲの遭遇!!

そして意外にも、早くもすずとオモカゲが接触してしまいました。もう少し なんやかんや祓忍との攻防があるかと思っていたのですが、驚くほどにあっけなく接触を許してしまいましたね。祭里は初見時にオモカゲのことを髪の長いすず、と見間違えましたが、実際に2人が並んでみると、そこまで似ているわけではないんですね。

シリアスな邂逅になるかと思いましたが、いきなりセクハラ発生なのが、さすがは矢吹作品ですね!! やはりすずの”足ふと”属性推しは鉄板で、ここでもオモカゲは真っ先にすずの太ももに飛びついてます。なぜか突然発生するひとしずくの汗(?)がエロいですね(笑) こないだのお泊まり会の際の寝間着姿ではそこまで目立ちませんでしたが、こうみるとやっぱりすずの太ももはなかなかに立派ですね。まあ、”おいモンブラン”なんぞしてたら、そりゃ太ももも立派になるわ(笑)

ともかく、すずとオモカゲが接触したことでちょっとまずいことになりました。容れ物が違うとはいえ、二つの魂はもともと同じものですから。ドッペルゲンガーの都市伝説でもそうですが、出会ってしまえば…というやつですね。記憶を持って転生するはずの妖巫女にも関わらず、すずがなぜ記憶を持っていないのか、そのあたりも明らかになりそうですね。


『あやかしトライアングル』最新刊

『あやかしトライアングル』レビュー一覧

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です